2018年5月

世界のパッケージ・梱包・包装

エジプト・ルクソール タバコ屋のディスプレイ

ルクソール市内の路上煙草屋(2006年)   路上売店で陳列されていたタバコカートン。 あちこちでこのように積み上げているのを見かけます。 シンプルながら目を引くディスプレイ。 下の方のタバコを取る様子を見てみたかったです。   店員さんはお土産の砂絵アートを製作中。 色のついた砂を混ぜて作ってイラストを描いています。     白いディスプレイ台にカラフルな砂が映えます。 ガラス瓶の形状もエキゾチックさを感じさせてくれます◎ ... Read More | Share it now!

製作事例・製品紹介(ダンボール)

パネル・額縁用ダンボール 大判平物梱包ならおまかせ

額縁用段ボール

大判平物梱包ならおまかせください 2017年発売製品。 身と蓋をかぶせて梱包する「C式」形状です。 パネルや額縁も梱包に困る浅型形状で、どちらかと言えば少量で梱包材が必要となる性質のものです。 C式は通常、ホチキス留めで仕上げますが、組み立てると空気を運んでいるようなものでかさばります。 その為、チャーター便は別として、宅配便発送をする際には送料の割合が高くなります。   この製品はホチキス留めせず板状のまま納品し、ご使用時にテープや付属の「面ファスナー」で組み立ててもらうことで「省スペース」「コスト削減」を目的としています。 また「サーフボード用」同様、組み立てる際の罫線とは別に、一部に折れ線を入れてコンパクトになるようにしています。 この際は梱包の際に影響がなく、更に配送コスト削減につなげています。 梱包を箱に捉われず、板(シート)での組み合わせでも考えます。 オリジナルサイズでの製作も承ります。 お気軽にご相談ください。 >  パネル・額縁用ダンボールはこちら ... Read More | Share it now!

製作事例・製品紹介(ダンボール)

サイコロ型ダンボール 魅力的な正方形形状

生産者視点だけでは見落とすサイコロ型 2014年発売製品。 それまでは発泡スチロールで3辺200mm角、300mm角、400mm角サイズは販売していました。 ただ、ふと周りを見ると正方形の段ボールがほとんど無いことに気が付きました。   「組立式の小箱」なら割とありますが「A式」で60サイズ以上はほとんど見当たりません。 これには理由があります。 ・正方形の中身を梱包するニーズがそこまで多くない ・材料コストがかかる ・生産時に扱いにくい → 箱を畳んだ時に両面のフラップ(フタ)がぴったり合わさり不要な箇所で折れやすい   たしかに大量に出るわけではないのですが それでも正方形の製品梱包ニーズはありますし、サイコロ型はディスプレイ用途に使われるなど、消費者視点を加えると魅力的な形状です。 社内でも「扱いにくいし、一般的でない。」という声はありましたが、面白い広がりを見せてくれている製品です。 >  正方形ダンボールはこちら ... Read More | Share it now!

製作事例・製品紹介(ダンボール)

ダンボールテーブル シンプルな快適さ

段ボールテーブル

イベントをより快適に! 盛り上がりをサポート 2012年発売のダンボール製テーブルです。 ダンボール素材はいまや梱包以外の様々な用途に使われています。 木材の代わりのような強度の強化ダンボール(トリプルウォール)を使使ったダンボール家具も多く見かけます。 ※当社では扱いと加工が容易なダンボール材質をメインで使用・ご提案   ダンボールテーブルも、デザイン性の高いもの、高価なものなど種類も豊富に販売されてきていますが、 当社は使い捨てリサイクルを前提に、見栄えよりも「扱いやすさ」「シンプルさ」にこだわりました。 大きく主張することはないけれども、イベントが快適になることを目的としています。   お花見、キャンプ、バーベキュー、ピクニックなどのイベント・アウトドア・行楽用の他、ディスプレイ用途にもご利用いただいています。 年々、花見の時期には注文数が増加していて、自社にとって春の訪れを感じさせてくれる製品です。   >  ダンボールテーブルはこちら >  ダンボールイスはこちら   ... Read More | Share it now!

製作事例・製品紹介(ダンボール)

テレビ用梱包資材 簡便な複数資材セット

テレビ用ダンボール箱

1,000台以上のテレビで使用 精密機器であるテレビも、梱包発送に困る製品です。   そんな不便さを解決するために開発したのが2010年。 当時はアナログ放送が主流でブラウン管テレビもありましたが、薄型の液晶テレビに特化しました。 2011年7月24日、ほぼ全国でアナログ放送が終了して地デジ(地上デジタル放送)化し、時代の流れとともに出荷数が増えてきました。 ダンボール箱の他、固定パーツや緩衝材を用意し、簡便なセットにしたのが特徴です。   「被災地に送りたい。」 2011年4月、1通のメールが届きました。 送信者は某大手電機メーカー。 東日本大震災の被災地に数百台のテレビを届けるため一部仕様をカスタマイズしたこの箱が使用されました。 ネットに掲載していた自社オリジナル品が採用され役立ったのを強く感じた瞬間でした。 今でも家電、映像メーカーやモニターなどを送りたい多くの企業引越シーズンには個人からもご注文いただくロングセラー商品です。   >  テレビ用ダンボールセットはこちら   オリジナル形状や緩衝材もオーダーメイド可能です。 ... Read More | Share it now!

製作事例・製品紹介(ダンボール)

時計用梱包資材 少量販売・安心・簡単

時計用パッケージ

発送目的に特化した時計用パッケージ 「時計用箱」と言っても、用途や考え方により内容は様々あります。 この資材は、新品の時計ケースとしてではなく、時計修理の際の輸送保護を目的としたものです。 そういう点では高級な見栄えより「少量購入」「扱いやすさ」「保護性」を重視しています。   元々は外側の白箱を別用途で販売していました。 時計梱包に使用されているとの声を聞き、ウレタンを組み合わせ、 オリジナルの時計用資材セットとしてご提案するようになりました。 お客様の声を参考に複数資材を組み合わせた、当社らしい製品です。 時計用資材は、他にも仕様違いで多くの業者さんからご依頼いただいています。 高級感の増す「貼箱」、オリジナル印刷、ウレタン形状違いなど、ご希望に合わせてアレンジ可能です。   >  時計用資材セットはこちら       ... Read More | Share it now!

製作事例・製品紹介(ダンボール)

LPレコード用ダンボール 複数枚梱包対応

シンプルだから、複数枚梱包も簡単に 12インチLPレコードやレーザーディスク(LD)の梱包・発送を目的としたオリジナル製品です。 2009年の発売以来、根強い人気品です。   当時LPを少量発送する際の段ボールを探すと「タトウ式」しか見つからない状況でした。 「当社もタトウ式は手掛けているけれども、他所と同じでは面白くないし・・・」 ということで、タトウ式の弱点を補うべく、シンプルな2枚の段ボール板を使用した形状にしました。 「LPレコード/LD発送用ダンボール板」     タトウ式では角があまり保護されませんが、2枚の板を使用することで角を保護。 万が一落下した際の損傷と不安を軽減します。   また、タトウ式ではレコードを複数枚梱包する際、罫線(折線)が問題になります。 一方は段ボールの目方向(順目)に沿って楽に折れますが、逆目は折るのが大変です。 適度な箇所で複数本罫線を入れておいても、レコードは種類により厚みが異なることもあり、 ちょうど良い箇所に罫線が入るかどうかは使用状況により異なります。     この製品はどちらも順目で折りやすいため、梱包も楽に行えます。 見た目にこだわる場合は他の方法もありますが「シンプルで複数枚を楽に梱包したい」 そんなご要望に応える製品に仕上げました。   >  LPレコード/LD発送用ダンボール板 >  LPレコード/LD発送用ダンボール箱   ... Read More | Share it now!

製作事例・製品紹介(ダンボール)

サーフボード用ダンボール 1つで複数サイズに対応

1種類で様々なサイズのサーフボードを梱包するには? 2014年発売製品。 サーフボードを1枚梱包する際、ボードのサイズぴったりの1箱を用意するには探す時間も費用もかかります。 当初様々なサイズの規格品を用意することも考えましたが、「ダンボール梱包=箱」の概念を取っ払い、板(シート)を必要なサイズの箇所でテープ貼りすることで、1種類で複数の長さに対応できるようにしました。 強度は問題なく、箱よりもかさばらない分、置き場も省スペース。 サイズが合わない際に必要な余計な空間への緩衝材(詰め物)も不要です。 製造側もコストと発送送料が節約できるので、箱よりも販売価格を抑えられます。 同じサイズのものをまとめて梱包するなら、そのサイズぴったりの箱を製作すれば良いですが 「少量、または様々なサイズを楽に梱包したい」 そんなニーズに応えます。 >  サーフボード用ダンボールはこちら   ... Read More | Share it now!

製作事例・製品紹介(ダンボール)

ギター用ダンボール箱 開発から現在まで

ギター用段ボール箱

ギターを弾いていたから気付いた ギター用ダンボール開発ストーリー アコースティックギターを貸す事にしたけれどどうやって送ろうか・・・。 2007年、友人にギターを発送するにあたり「どうやって梱包するか」 という問題にぶつかりました。 箱を貼り合わせて加工するのは手間がかかるし、ベタベタとテープ貼りした外観は友人宛とは言え、見栄えもよくないし・・・。 「それなら自分で作ってしまおう!」 ダンボールメーカーとしてそう思い至り、手持ちのギターのサイズを測り、自ら設計、製作したのが始まりでした。 無事に友人宛に届けられ、お礼を言われた時に「同じように梱包に悩み、苦労している人がいるかもしれない。」 そう思い、1枚から買えるようにネットを使った販売をスタートしました。   当初は社内からも「売れるのか?」という声がありましたが、今ではシリーズ累計販売枚数数万枚の人気No.1商品に。 数多くの縁が生まれていきました。   ネットでの売買、宅配便発送が当たり前の時代 現在はネットでの商売、運送業者を利用しての配送が当たり前になっています。 楽器工房さんもリサイクル業者さんも全国の方をお客様としています。 その際は必ずダンボールや梱包資材が必要になりますし、対面しない販売だからこその「信頼」も大切になってきます。 「オークションの味方です。 とにかくギターを送るには最高のアイテムです。 落札者にも安心して喜んでもらえます。 ハードケースのままの発送や、エアキャップで巻いただけのものと比べれば、断然相手からの信頼度が違います。」 オークションを使って売買されているお客様からいただいたメッセージです。   更に多くの人へ 開発・販売から10年以上が経った2018年現在は、依頼者ごとの要望に沿い、オリジナルサイズ、形状、印刷など仕様を変えたオーダーメイドも多く承っています。     また、今年は足立区役所内で製品が展示されたり、メディアで取り上げられるなど、目にしてもらう機会も増えてきました。 今後もさらにギター、楽器梱包の悩みを解決しながら新しい取り組みを行ないます。 内容が分かりやすいよう、表側を一部カットして展示 >  ギター用ダンボール一覧はこちら   ... Read More | Share it now!