最新記事

ウレタン加工「カット品・波型加工品」

緩衝材ウレタンを簡単オーダーメイド!

段ボール・包装材コンシェルジュ、パッケージアートの小林です。

この記事では緩衝材ウレタンの主な加工事例をご紹介します。

 

ウレタンをどのように加工するのか?

加工方法の選択肢は「製品を保護したいのか」「高級感を出したいのか」など、どのような用途に使用するのかにより様々です。

主にご依頼いただいている事例を紹介していきますので、ご希望の加工内容がありましたらお問い合わせください。

どのような加工を選んだら良いのか分からない。

そのような時もご相談ください。

特殊な素材、ウレタン以外の素材、現物はあるけれど詳細が分からないものなども、当社サービスでご希望に合う製品をご用意させていただきます。

>> お問い合わせ

 

ウレタンカット

  

 

原反ブロックから希望サイズでカットします。

サイズはmm単位でご指定いただけます。※ウレタンの性質上2mmほど公差が生じることがあります。

初期費用の抜型は不要のため安価です。

 

波型加工(プロファイル加工)

  

 

ウレタン表面に凹凸を作る加工で、こちらも抜型不要で製作可能です。

下記画像の矢印箇所のおおよそのサイズをご指定ください。※加工性質上5mmほど公差が生じることがあります。

2枚で1組出来上がります。

精密機器には帯電防止(ピンク)ウレタンをよくご利用いただきます。

 

別の加工内容も改めてご紹介していきます。

 

 

>> ウレタンオーダーメイド事例はこちら

>> ウレタン規格品のご購入はこちら