最新記事

段ボールと気温、湿度の関係

パッケージアートの製造・梱包担当の深谷です。

普段よく見かける段ボール製品ですが、意外と気温、湿度が関係していることをご存知でしょうか?

これからの時期、気温と湿度が低ければ素材が固くなり乾燥するので、注意をしないと罫線加工の際に割れたりします。

逆に、気温と湿度が高ければ、素材が水分を含んで柔らかくなり反ってしまったり、取扱い時に曲がりやすくなってしまったり、指で持った箇所が凹んでしまったりすることもあります。
結構、繊細です、、、、

[反りの無い状態のシート]

 

このような事が起きないように、季節によって製品の保管場所、保管方法を変えたり、製品を作成する機械の微調整などをして細心の注意を払って、日々皆様の元に段ボール製品をお届けしています。