製作事例・製品紹介(ダンボール)

サイコロ型ダンボール 魅力的な正方形形状

生産者視点だけでは見落とすサイコロ型

2014年発売製品。

それまでは発泡スチロールで3辺200mm角、300mm角、400mm角サイズは販売していました。

ただ、ふと周りを見ると正方形の段ボールがほとんど無いことに気が付きました。

 

組立式の小箱」なら割とありますが「A式」で60サイズ以上はほとんど見当たりません。

これには理由があります。

  • ・正方形の中身を梱包するニーズがそこまで多くない
  • ・材料コストがかかる
  • ・生産時に扱いにくい

→ 箱を畳んだ時に両面のフラップ(フタ)がぴったり合わさり不要な箇所で折れやすい

 

たしかに大量に出るわけではないのですが

それでも正方形の製品梱包ニーズはありますし、サイコロ型はディスプレイ用途に使われるなど、消費者視点を加えると魅力的な形状です。

社内でも「扱いにくいし、一般的でない。」という声はありましたが、面白い広がりを見せてくれている製品です。

>  正方形ダンボールはこちら

お問い合わせ

お見積り、オーダーメイドの製作依頼などありましたら、お気軽にお問い合わせください。


メールでのお問い合わせはこちら
info@packageart.co.jp


お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL:03-3840-4425

【営業時間】平日:8:30~17:30 / 第2・4土曜:8:30~17:00





お問い合わせフォーム