2018年8月

最新記事

知財権と学生プロジェクト

先週25日(土)に足立異業種フォーラム(交流会)に参加。 約120人が集まり、名刺交換や仕事の話、製品展示など交流をしてきました。   昨日はその際に名刺交換させていただいた弁理士の方が来社し、知財権について話を聞きました。 以前に足立区の講座で、意匠権は自力で取得したため、簡単な流れは分かっており、より知識を深めることができました。 後から気になったのは、ネット時代の知財権について。 まだ判例は少ないでしょうが、これまでとは異例の内容も出てきて、どんな変化の兆しが見えてきているのか。 もう少し調べてみるつもりです。 ちなみに知財権取得の費用は徐々に下がってきていますし、ネットで申請方法説明も多く公開されているので、そういう意味でもハードルは下がってきています。   午後は大学生2人から新製品の相談を受け、内容を聞きながら、考えるポイントについて説明しました。 もう少し内容を詰めてもらい、その後試作に取り掛かるかどうかというところですが、行動力が素晴らしいなと感じました。 同じように、段ボールや資材を使って何か考えている学生さんがいたらご相談ください。   28、29日には足立区の大学生が企業見学に見えるなど、最近は学生との交流も増えてきています。 今後も益々増えるでしょう。 新しい感性を取り入れる必要を感じていましたが、段々その流れが見えてきました。 ... Read More | Share it now!

展示会、工場見学、ワークショップ

夏休み工場見学

先週23日は「夏休み工場見学」で小学生と親御さん計17名(午前9名、午後8名)が参加してくれました。 参加者がそろうまでの待ち時間には、先日のワークショップで使用したコマ作りキットも用意。 お土産で持って帰るくらい、短時間でも盛り上がりました。 見学会は「今日からダンボール博士!」のキャッチコピーで、ダンボールの材質や形状を説明し、実際の製造の様子を見てもらい、最後に「ダンボール製ミニ椅子作り」を体験してもらいました。 機械はダンボールの鋲打ち(ステッチ)作業は、機械のインパクトもあり興味深かったようです。 椅子作りもパーツを組み合わせる簡単な仕様ですが、組み合わせることで生まれる強度など、ダンボールの特性をふれながら感じてもらいました。   ダンボールは可能性のある素材なので、自社はその魅力を発信することもミッションの1つとしています。 子どもたちはもちろん、親御さんからも積極的に質問が来たり、終始賑やかな会になり開催して良かったです。   今日明日は「東京未来大学」の学生が仕事見学にやってきます。 この先就職する若者なので、内容を変えて自社の特徴や仕事の楽しさなどを中心に、お互い語り合えればと思います。 こうやって慌ただしくしているせいか、本業への問い合わせも現在増加しています。 今週には諸々落ち着く予定です。 いただいたアンケートの一部をご紹介します。(※クリックで拡大) ... Read More | Share it now!

展示会、工場見学、ワークショップ

夏休みものづくり体験2

足立ブランド参加の若手が集まった「ユースの会」主催で、ものづくりワークショップを開催してきました。   当社では前回に引き続き、「ダンボール箱組み立て」と「ダンボールコマ」を用意。 イベント参加者100名に対し、当社ブースには約30人が来てくれ、段ボールに親しんでもらいました。 お客さんが分散してコンスタントに来てくれたので、割と暇することなく、且つじっくりと余裕をもって接客できたように思います。 私自身も、空いた時間に他社ブースで「くるみボタン」や「アクセサリー」「メモ帳」作りを体験させてもらい、手作り品の良さを感じることができました。   今回は前回の営業スタッフのほか、製造スタッフも参加し、場を盛り上げてくれました。 これまでは普段外に出ないスタッフたちなので、楽しかったり勉強になったりしたようです。 いただいたアンケートの一部をご紹介します。(※クリックで拡大)   今月は、台風で延期になっていた小学生の工場見学とは別に、大学生が仕事の様子を見学にくる機会があります。 年齢層が違うので、どのような内容にするかを企画中です。 ... Read More | Share it now!

最新記事

「会社案内」製作しました

展示会に出展する機会が増え、必要を感じていた「会社案内」 ネットでの営業活動に注力していたので、「WEBサイト=会社案内」と考え後手に回っていましたが、デザインスタッフが製作してくれました。   最近は、対面での営業機会が一時より増加していることもあり 「何を得意としてる会社?」 「うちにとって何のメリットが?」 そこに応えられないと響かない、「自社の強みやできることを簡潔に表現する」ことを意識させられます。 今回ツールが1つ増えたので、特性を活かしつつリアルな反応を見て聞いて改善、ブラッシュアップします。   ... Read More | Share it now!

展示会、工場見学、ワークショップ

夏休みものづくり体験

足立区主催の「夏休みものづくり体験」に、区内企業の他3社とともに出展してきました。 今回が自社初めてのワークショップなので、手軽に楽しんでもらえることを目的に2つほど用意して向かいました。   (1)ダンボール箱組み立て 展開している(糊付けする前の)ダンボールに糊付けして組み立ててもらい、仕上げに絵を描いてもらったり、シールを貼ってデコレーションしてもらいます。 (2)ダンボールコマ 円形ダンボールに絵を描いてもらい、それに楊枝を刺し糊付けして仕上げます。 会場は開始前から列が出来るほどの盛況! 開始から1時間くらいは圧倒されながら、スタッフと手分けし受付をしたり、作り方の説明を行いました。 みんなダンボールに上手に昆虫やキャラクターを書いたり、シールを貼ってステキにデコレーションしていました。 予想外に来場者が多く、材料が足りなかったことが誤算でしたが、アンケートを見ると概ね楽しんでもらえたようです。 間近で子どもたちの反応が見られたのは良かったですし、会場のレイアウトや説明の仕方なども参考になりました。 自社スタッフ(1人)が外の活動に出るのも新しい経験。 言われる前に考えて動いてくれるなど、普段の業務とは違う面を見られました。 今後も外部活動に参加することで、自分なりの楽しみや刺激を感じてもらえたらいいなと思います。 またそれが社内の良い流れになれば◎ 2回目を5日の日曜に行なってきます。 最後に、いただいたアンケートの一部をご紹介します。(※クリックで拡大) 少しでもダンボールに親しんでもらえたようで何よりです。 ... Read More | Share it now!

製作事例・製品紹介(その他)

額縁用貼箱

額縁用貼箱を製作いたしました。 破損した工芸品、骨董品修理業者様からのご依頼です。 額縁を収納する箱としてご相談いただきました。 サイズ(内寸): (1)900×505×40(mm) (2)810×410×25(mm) 材料: チップボール26号+タントN-1(黒) 貼箱は通常、アクセサリーやUSBなど、小物用のギフト箱として使われることが多く、今回のサイズは機械によっては製作できないサイズです。 パネルや額縁を梱包するためのダンボールは、定番規格品として各種ご用意するくらい得意としていますが「高額品をより見栄えよくお届けしたい。」 そのような時もご相談ください。 ★貼箱オーダーメイド品事例詳細はこちら ★お見積もり、作成依頼はこちらからどうぞ ... Read More | Share it now!