最新記事

... Read More | Share it now!

最新記事

3年目が終わり、4年目が始まる

アクセサリー用ウレタン

お久しぶりです。パッケージアート株式会社の営業・高橋です! 今回は入社からの節目にあたって、入社してから思ったこととこれからを綴りたいと思います。 私は2018年の3月末にこの会社に入社しました。もともと引きこもりだったということもあり、一般的な就職活動なども行わず、入社に至った経緯があります。 入社した当初は右も左も、それこそ下も上も判らずに、周りのスタッフに迷惑をかけたことも、助けられたことも数えられないほどにあります。 時が経つにつれ、とてもお世話になったスタッフが退職することもあり、その時は寂しい気持ちと共に不安感に襲われたこともありました。 日々の仕事をこなしていくに内に当たり前ではありますが、仕事内容は変化し、より責任の重い仕事を任されていくことになります。今でも時々、数年前なら想像できなかったなぁと思うこともあります。 お客様から相談と依頼を受け、打ち合わせを重ねていくと同時に形にしていく。各自が抱えている案件を社内ベースで共有して、意見や案を出し合うこともあります。そういったことを行う中で新しいことが生まれることもあり、貴重だと感じます。 今月末で3年目が終わり、4年目を迎えます。数年後に今を振り返った時に笑って、この時こうだったなと思えるようになれればいいなと思います。 今年は掲げた目標を超えられるように。 ... Read More | Share it now!

メディア

1/10(日) BACKSTAGE (TBSテレビ)出演

熊手

新年おめでとうございます。2021年がスタートしました。昨年は大変な外部環境の中、多くの法人・個人様からパッケージ、資材のご相談をいただき、ご縁をいただきありがとうございました。今年もパッケージ・資材コンシェルジュとして邁進していきます。 さて、幸先良いことに、来たる1月10日にTBSテレビの番組「BACKSTAGE」に出演することになりました。 【出演番組】BACKSTAGE(TBSテレビ)【放映日】2021年1月10日(日) ... Read More | Share it now!

最新記事

アクセサリー用 スエード貼り+スリット入ウレタン

アクセサリー用ウレタン

パッケージアート株式会社の営業・高橋です! 今回は九州のご依頼者様からご相談いただいた、アクセサリーを収納するスリット入りウレタンをご紹介します。 当社では本ページのように、いくつかの資材は「オーダーメイド専用お問い合わせページ」をご用意しております。 今回のご依頼者様もそのページを見ていただいてのお問い合わせでした。お問い合わせの段階でサイズ、スリットの位置やサイズなどのご指定があったものの、ウレタンの硬さや色などが未定だったことから、メールでご提案と打ち合わせを行い量産に至りました。 ウレタンは材質によって、同じ色でも若干色が異なるため、その点をご説明した上で、材質によっての金額面の違いもお見積もりでご提出させていただきました。 量産と納品を行なった後にご依頼者からご連絡があり「大変きれいに仕上がりました。」「アクセサリーの色が合うので、グレーにして良かったです」というお礼と共にご使用いただいている画像をお送りいただきました。 このように言っていただき、今回の製作に携われたこと、すごく嬉しいです! ... Read More | Share it now!

最新記事

大型ダンボール箱の需要

大型段ボール箱

パッケージアート株式会社の営業・高橋です! 今回は最近、需要の高まりを感じる、大型ダンボールのご紹介をいたします。 当社では段ボールをはじめとする、各種梱包材のオーダーメイド相談を毎日いただいており、その中でも最近特に多いのが「大型ダンボール品」です。 大型段ボール箱は「数量が少ないと製作してくれるところが少ない」との声もあり、当社にご相談いただくことも多いです。 数量はお客様によって、様々ですが1枚だけ欲しいというお客様も少なくありません。 そのようなご相談をいただいた際は、初めに概算で金額をご案内し、ご希望にあう場合は正式なお見積もりを行うという流れで進めます。 ... Read More | Share it now!

最新記事

お取引先さん訪問

お久しぶりです! パッケージアート株式会社の営業・高橋です! 普段、営業活動はWEBでを中心に行なっているため、仕入先・得意先さんともに、ご来社いただく以外に対面する機会がないのですが、先日初めて1人でお取引先を訪問しましたので、その件についてブログを書きます。 10/1(木)に弊社で取り扱っている紐のメーカーさんへ、 日頃のご挨拶とお借りしていた物の返却も兼ねて訪問させてもらいました。 過去に数回、社長と別の取引先にご挨拶や打ち合わせに行ったことがありましたが、今回は単身でのご挨拶ということもあり、とても緊張したのと同時に、着なれないジャケット姿にどこか違和感を覚えました(笑) それまでもお電話で打ち合わせを行っていたので、なんとなくの雰囲気はお互いに分かるものの、実際にお会いして、お話をさせていただくとお互いが持っていた印象などが少し違うというのが分かりました。 お取引先の社長さんからは 「お電話と実際に会って話した高橋さんの印象が全然違う。」 「お電話では落ち着いてるので、30歳前半くらいに思っていた。」 と言われ、少し電話での対応を反省いたしました(笑) 以前に一度だけ有楽町の展示会でお会いする機会がありましたが、その時は時間の都合上、深くお話をすることができなかったので、今回は色々なお話ができて私自身の営業活動にとって、とてもプラスになる出来事でした! 新商品の情報として、マスク専用ゴム紐や抗菌・抗ウイルスの紐についてもご紹介いただいたので、内容を確認し、新商品として出品する予定です!お楽しみに! 改めてになりますが、今回の企業訪問で様々なお話を聞くことができたことや 新商品の打ち合わせを行うことができたことは自分にとってすごくプラスになることでした。 ありがとうございました! ... Read More | Share it now!

最新記事

TBSテレビ「サステナブる」にて

ジュエリー箱を手掛けさせていただいているGYPPHY(ジプフィー)様から、TBSテレビ「サステナブる」でその箱が映ると先週連絡をもらい、昨日視聴しました。 ■GYPPHY https://gypphy-shop.com/ ■TBSテレビ「サステナブる」 9/1(火)23:12~ その前にやっていたドラマ『私の家政夫ナギサさん』最終回で、通常より若干遅くスタートしました。 https://www.tbs.co.jp/sustainable-tbs/ 番組は、日常からサステナブルな世界を紹介する2分ほどの内容で、昨日のテーマは「“包まない”優しさって? 」” ファインジュエリーを通した社会貢献”をミッションとするクライアントが、パッケージの打ち合わせからこだわっていた「過剰包装をしない」「環境に良い素材を使用する」という部分が具体的に見られました。 世の中の動きを身近に感じるのは、普段お客様からの問い合わせや依頼が多いです。 今回はさらに、手掛けたものがどう使われるのか?どう役立っているのか?を知ることもできて励みになりました。 ... Read More | Share it now!

最新記事

40年来の機械とのお別れ

糊貼機

一昨日、約40年使ってきた「糊貼機」を処分しました。 段ボールを製函する際、仕上げの糊付けを行なうための機械です。 なかなかの年代物であり、惜しい気持ちはありましたが、徐々に事業内容と合わなくなったため、この分のスペースを別のことや新たな機械に回した方が良いと判断しました。 撤去作業時間はわずか30分程。 あっという間でした。 寂しい面もありますが、きれいさっぱり片付いたスペースは新たな始まりも感じさせてくれます。 これも変化への対応と切り替え、更に時代にマッチした骨太な体制を志向します。 お疲れ様でした。 在りし日の姿はこちらの動画に。 ... Read More | Share it now!

最新記事

一歩を踏み出すきっかけ(就労体験・Kさん)

7月7日(火)~9日(木)で行なった職場就労体験についての話です。今回は梱包を希望し体験してもらった「Kさん」です。 Kさんは就職時に何が自分に向いているのか分からず、就職せず今に至ってしまったとのこと。事前の面談では、はきはきした受け答えが印象的でした。3日間という短い期間でしたが、それでもしっかりと自分なりの課題を持って体験に臨んでいただきました。 最終日に感想をいただいたのでご紹介します。 僕は大学を卒業した後に自分の進路について悩んでいた時期があり、社会とのブランクの期間を作ってしまいました。そのため、就職活動をして社会復帰をすることを極度に不安に感じました。しかしこのまま一人で悩んでいても仕方がないと思い、就労支援機関である足立区のジョブサポートさんに頼りながら就職活動をしました。そこでジョブサポートさんに紹介してもらった「パッケージアート」様で3日ほどの就労体験をしました。 「パッケージアート」様での就労体験は短い期間ながらも自分にとっては貴重な時間でした。就労体験の初日はとにかく緊張していたことを覚えています。 とにかく足だけは引っ張らずに迷惑だけはかけたくないという思いがとても大きかったです。しかし就労体験中は文字通り右も左も分からないような状態で、商品であるダンボールを机の角にぶつけてしまい傷つけてしまったことがありました。そのときは自分は人間として何か大切な部分がかけているのではないかと思いましたが、そういったミスは良くあることだと励ましてもらいどうにか自分の中で気持ちを立て直すことができました。 就労体験初日は出来無い事だらけでしたが、就労体験の日数を重ねていくうちに自分ができることが増えていきました。特にハサミの使い方は以前よりもうまくなりました。普段はチョキチョキとハサミを使っていましたが、今では滑らすようにハサミを扱えるようになりました。小さいことかもしれませんが自分にとって「できなかったこと」が「できること」になったという久しぶりの経験に心地よさを感じました。 これからは「パッケージアート」様での就労体験中に経験することが出来た「できなかったこと」を「できること」に変えることにできた経験を忘れずに、自分に自信を持って就職活動をしていきたいと考えています。 「パッケージアート」様、短い間でしたがお世話になりました。こんな僕でしたが温かい対応をしていただいてありがとうございました。これからは少しずつでも前に進んでいって自分の将来と向き合いたいと思います。 この文章もじっくり考えて入力していました。指導にあたったスタッフも「自分で考えを持って事にあたる」という姿勢が、今までにいないタイプと話していました。 不安を払拭するには経験と達成感が大切になります。続ける中で見えてくることも沢山ありますので、仕事に向き合い少しずつ実績を積み重ねていってほしいと感じました。 3日間お疲れさまでした。 ... Read More | Share it now!

最新記事

仕事事例のご紹介

どこでも買える定型ダンボールではなく 梱包材専門の「パートナー」をお求めの方に。   当社は段ボールや紙器をメイン商材としつつ、60年以上の歴史の中で、ある時は紙袋やシールを製作したり、お客さんのご希望によって、提案資材も仕事内容も多岐に渡ります。 時には「ウレタンメーカーかと思っていました。箱も扱っているのでしたらセットで製作してください。」 というようなお声をいただいたり、最初にご覧いただいたサイトページによって描かれるイメージも様々なようです。 今回は30年以上お付き合いのあるアクリル加工業者様の事例を元に、お客様ごとにどのような加工・サービスをご提供しているか、その一端をお伝えいたします。   ①... Read More | Share it now!

最新記事

コロナ影響化の今

今年初ブログです。 年明け早々から多くの課題やご注文・ご相談に対応しており、ようやくブログを書く余裕が出てきました。 4月7日に「新型コロナウイルス緊急事態宣言」が発令された件につきましては、当社では安全の確保に留意しながら、営業を継続しています。 営業状況を心配されるお声も多々いただきましたが、現状では通常どおり営業しています。 ただ今後のことについては、政府や東京都、関係者の動向・状況により、対応を見直すことも考えられます。 本日も一部メーカーから「コロナ感染が疑われる職人が休みのため納期が余計にかかる。」との連絡がありました。 幸い納期に余裕のある案件でしたが、通常より納期がかかってしまったり、予期せぬこともありますので、お早めのご注文をいただけると幸いです。 耐える時期という感はありますが、それでもお問い合わせやご注文をいただいたいるお客様の中には、景気の良い話や前向きな話もあります。 当社自体、活路を求め模索している最中ではありますが、実例から感じた3つの需要増加傾向を参考にご紹介します。   (1)ネット通販・リモート 外出を控え、ネットで注文する機会が増え、必然的にネット通販需要は増加傾向にあるようです。 当社もありがたいことに、クラウドファンディングで数千万円を集めた商品のパッケージ注文をいただいたり、自社サイトには毎日途切れずご注文とお問い合わせが寄せられています。 テレワーク活用なども含め、デジタル化はグッと進むでしょう。   (2)新規取り組み 具体的なところでは「宅配サービス」「持ち帰り需要」などで、発泡スチロールボックス、パッケージ容器のご注文やご相談などをいただいています。 苦しい中でも何か新しい取り組みを行ない需要を作り出そうという動きを感じます。   (3)コロナ対策 物が売れないと言っても、売れるものは必ずあります。 コロナ対策、現状改善への動き・サービスを見ると「こういう需要があったか。」と多々気付かされます。 当社でここのところ目立つのは「飛沫防止パーテーション」を梱包するための段ボールの依頼です。   ★「飛沫防止対策品」の取り扱いを始めました。 ポリエチレンシートもご注文が増えています。   このような平たいパーテーションを入れるための浅型箱です。   コロナ騒動が落ち着く頃には、人々の意識や価値観も大きく変わるのでしょう。 先の読みにくい状況ではありますが、今当社に出来ることを考え、最大限の配慮をしながら経済活動も継続して参ります。 この難局をお客様や関係者様と共に乗り切れるよう、そして新型コロナウイルス感染症の一日も早い収束を願っています。 ... Read More | Share it now!