世界のパッケージ・梱包・包装

... Read More | Share it now!

世界のパッケージ・梱包・包装

アメリカ輸入のラベルシール

先日、お世話になっている「おちゃのこネット」さんの交流会に参加してきました。 短時間でしたが、どんな企業がどんな商品を扱っているのか聞くことができ、偶然にも自社商品を買ってくれてる楽器ショップさんと対面もできました◎   興味深かったのは、ポーランド製インナー・ランジェリー販売「アヴァンサ」さんとアメリカ製アドレスラベル販売の「ブレインシステムズ」さん。 製品自体の良さの他、輸入元の国の文化や考え方といったエピソードも絡み、魅力的です。   特にブレインシステムズさんはシール(紙)つながり。 交流会後にわざわざ名入れしたアドレスラベルを送ってくれました。     アドレスラベルと言うとあまり馴染みのない単語ですが   手紙の差出人や名入れプレゼントとして、 学校などの持ち物、発表会などのお知らせ、 結婚式のメッセージ、自筆代わりなど… ご利用いただく方のアイデア次第で使えるシール   とのこと。 カジュアルに使えるメッセージシールと言ったところでしょうか。 アメリカ最大手の会社からライセンスを取得し、日本国内で唯一販売しているそうです。   シールは印刷の代わりや、シールならではの魅力を活かすために、当社でも製作・使用しています。   特に少量(数十個~数百個)なら、印刷よりもずっと安価にオリジナリティを出すことができ便利です。   アドレスラベルの良いところは、海外らしい豊富な既製デザインにオリジナルの文字入れができるところです。 しかも100枚以下の少量販売に対応。 個人的なツボは、日本ではまず生まれないデザインの写実的サボテンシール。 こういう国ごとの差が面白いです。   他にもサイトでは様々なデザインが紹介されています。 「アドレスラベルのブレインシステムズ」   「アドレスラベル」はアメリカから輸入した、 半オーダーメイドのシールです。 お好きなシールのデザインを選んでいただき、 ご住所、お名前などお好きな文字を印刷してお届けします。 HP https://www.brain-systems.co.jp ブログ https://brainsys.exblog.jp ... Read More | Share it now!

世界のパッケージ・梱包・包装

フィンランド・ヘルシンキ 郵便局にて

郵便局の発送用ボックス(2011年)   ストックホルムからヘルシンキに到着して向かったのは郵便局。 フィンランドを代表する「Marimekko(マリメッコ)」デザインの段ボールがあるとのことで気になっていました。     郵便局は資材が多いので、見かけたら入っていますが、ここの郵便局は北欧のイメージに反することなくお洒落。 「やり取り」することを大切にしている感じがします。 ちなみに日本の郵便局も切手などグッズに力を入れていてなかなかに素敵です。   こちらはマリメッコ本店内。 白をベースに色が映えるのは郵便局とも似ています。   印刷とデザインの付加価値性を体現しています。 使うのがもったいなく自社に置いてあります。 ... Read More | Share it now!

世界のパッケージ・梱包・包装

スウェーデン・ストックホルム 乗船場近くの梱包材

北欧の梱包資材(2011年)     ストックホルム(スウェーデン)からヘルシンキ(フィンランド)へ、客船タリンクシリヤラインで移動する際、乗船場に行くまでの通路に梱包資材が展示されていました。 当店でも扱っている「ハンガーボックス」   ダンボール、片段、エアキャップなど。 梱包材が展示されるのは珍しいと思いましたが、船で移動する際の梱包材提案なのでしょう。     片段はよく見ると破れているし、展示ももう少し凝っても良いのでは・・・と見てしまうのは日本人だからでしょうか^^;     ... Read More | Share it now!

世界のパッケージ・梱包・包装

ベルギー・ディナン 固焼きクッキー用パッケージ

ディナンのクッキー屋(2011年) 美食の国ベルギーと聞いて真っ先に浮かべるのは「チョコ」でしょうか。 実際、首都ブリュッセルなどあちこちで、店頭に並ぶ綺麗なチョコレート用パッケージを目にすることができます。     今回ご紹介するパッケージの中身は、知名度は低くとも魅力的な、ベルギーワロン地方ディナンに伝わる固焼きクッキー「クックドゥディナン」です。 とてもシンプルな包装紙とリボンのみのパッケージ。 クッキーと紐はよく合います◎ 色々なデザインのクッキーは、細長かったり手の平以上の大きさのものもありますが、どれも資材は同じです。 また、包装紙もそうですが、オレンジ色がクッキーと店内の雰囲気に合い更に温かみを伝えてくれています。 地元の名物のため凝ったパッケージが必要なかったというのもあるでしょうが、普通には噛むことが困難な固焼きなので緩衝性を気にすることもなかった。 それ故のシンプルさとも言えそうです。 その土地ならでは魅力を感じさせてくれるパッケージです。 ... Read More | Share it now!

世界のパッケージ・梱包・包装

オランダ・アムステルダム 運河近くの花屋ディスプレイ

アムステルダム市内の花屋(2011年)   運河の脇に花屋が連なっており、当社は花用ダンボール箱を扱っていることもあり覗いてみました。 オランダで思い浮かべやすいものの1つに「チューリップ」があると思いますが、イメージどおり花の充実っぷりを感じさせてくれる品揃えです。     種のパッケージは日本と同じで、花の写真を全面に大きく印刷しています。 最初の画像のように、冬の時期は運河とも相まって寒々しい風景なのですが、カラフルな画像と球根の茶色が、温かみを感じさせてくれています。   圧倒的ボリュームの陳列。   植物つながりの話として、最近タバコ風の箱に入った日本茶がヒットし「業界ごとの定番パッケージを別の業界が取り入れる」面白さが注目されました。 タバコと日本茶は「葉」という共通点があり、そういう意味での近さもヒットの要因と思いますが、異なる業界のものに置き換える発想は他の場面でも役立ちそうです。   ... Read More | Share it now!

世界のパッケージ・梱包・包装

エジプト・ルクソール タバコ屋のディスプレイ

ルクソール市内の路上煙草屋(2006年)   路上売店で陳列されていたタバコカートン。 あちこちでこのように積み上げているのを見かけます。 シンプルながら目を引くディスプレイ。 下の方のタバコを取る様子を見てみたかったです。   店員さんはお土産の砂絵アートを製作中。 色のついた砂を混ぜて作ってイラストを描いています。     白いディスプレイ台にカラフルな砂が映えます。 ガラス瓶の形状もエキゾチックさを感じさせてくれます◎ ... Read More | Share it now!