ダンボール

展示会、工場見学、ワークショップ

夏休みものづくり体験

足立区主催の「夏休みものづくり体験」に、区内企業の他3社とともに出展してきました。 今回が自社初めてのワークショップなので、手軽に楽しんでもらえることを目的に2つほど用意して向かいました。   (1)ダンボール箱組み立て 展開している(糊付けする前の)ダンボールに糊付けして組み立ててもらい、仕上げに絵を描いてもらったり、シールを貼ってデコレーションしてもらいます。 (2)ダンボールコマ 円形ダンボールに絵を描いてもらい、それに楊枝を刺し糊付けして仕上げます。 会場は開始前から列が出来るほどの盛況! 開始から1時間くらいは圧倒されながら、スタッフと手分けし受付をしたり、作り方の説明を行いました。 みんなダンボールに上手に昆虫やキャラクターを書いたり、シールを貼ってステキにデコレーションしていました。 予想外に来場者が多く、材料が足りなかったことが誤算でしたが、アンケートを見ると概ね楽しんでもらえたようです。 間近で子どもたちの反応が見られたのは良かったですし、会場のレイアウトや説明の仕方なども参考になりました。 自社スタッフ(1人)が外の活動に出るのも新しい経験。 言われる前に考えて動いてくれるなど、普段の業務とは違う面を見られました。 今後も外部活動に参加することで、自分なりの楽しみや刺激を感じてもらえたらいいなと思います。 またそれが社内の良い流れになれば◎ 2回目を5日の日曜に行なってきます。 最後に、いただいたアンケートの一部をご紹介します。(※クリックで拡大) 少しでもダンボールに親しんでもらえたようで何よりです。 ... Read More | Share it now!

展示会、工場見学、ワークショップ

雑貨EXPO出展

本日より、東京ビッグサイトで開催される「雑貨EXPO@東京ビッグサイト(2018年7月4日(水)〜6日(金))」に出展してきます。 (画像は昨日搬入時の様子です。) 足立区認定の製造業23社との合同でブースは「E74-5」 金属、アクリル、革、刺繍加工などなど、様々な強味をもった業種が集まっています。 当社は今回「額縁やパネル、平物梱包」とその経験を活かした商品に絞って展示、説明しますので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。 今回、足立ブランドとして初の展示会なので、商談以外の楽しみも沢山あります。 積極的に動き回ってみます。 ... Read More | Share it now!

製作事例・製品紹介(ダンボール)

ドローン機材用ダンボール

先日打ち合わせを行なったドローン機材用ダンボール箱の納品が完了しました。   ダンボール箱と板、ビニールフィルムのみのシンプルな仕様です。   この仕事をしていると、世の中にある新しい物と出会えるのが良いところです。 試作時には目の前で梱包の様子を見せていただき、現場の知恵を知ることができそれも参考になりました。   また今回のクライアントさんはビッグサイト初出展で名刺交換したのがきっかけなので、そういう意味でもありがたい仕事になりました。 来週の雑貨EXPOでもどんな出会いがあるのか楽しみです。 ... Read More | Share it now!

最新記事

ぴったりサイズの箱

段ボール箱の「サイズ検索システム」をリリースしました。 希望のサイズを辺の長い順に入力すると、近いサイズの箱が表示されます。 ※検索対象商品は順次追加中です。 商品点数が多いと探すのが大変なので、少しでも探している商品にたどりやすくするか、他の資材も検討中です。   先程も、長年オリジナルの段ボール箱を買ってもらっている鳥取県の企業さんが相談に来て、サイズの異なる商品を同梱包する際の悩みについて伺いました。 同じような形状の商品なら話は早いですが、平たかったり長い別の商品を梱包するのは余計なスペースができたり悩みの種です。 今後このような梱包の悩みは増えると感じさせられる話でした。 ... Read More | Share it now!

最新記事

目をひく建築模型ダンボール

昨年11月に出展した「産業交流展@東京ビッグサイト」 その際に名刺交換した、とある企業の代表が「梱包の件はパッケージアートに相談したほうがいい」と憶えてくれていたそうで、話を聞いた社員さんが来てくれました。 製品はドローンに関するもので初めて見るものでしたが、梱包イメージは湧いたのでシンプルな仕様で提案予定です。 昼休みには昔の会社の同期がダンボール製の建築模型画像を送ってくれました。 東京都品川区の建築模型に特化した博物館「建築倉庫ミュージアム」で見かけ「段ボールの模型は目をひいた。」とのこと。 知り合いのデザイナーが段ボール自体に対し「建築みたい。」と言って眺めていた発想力に感心したのも思い出しました。 段ボールが目を引く時を感じさせてもらいました。 ... Read More | Share it now!

世界のパッケージ・梱包・包装

フィンランド・ヘルシンキ 郵便局にて

郵便局の発送用ボックス(2011年)   ストックホルムからヘルシンキに到着して向かったのは郵便局。 フィンランドを代表する「Marimekko(マリメッコ)」デザインの段ボールがあるとのことで気になっていました。     郵便局は資材が多いので、見かけたら入っていますが、ここの郵便局は北欧のイメージに反することなくお洒落。 「やり取り」することを大切にしている感じがします。 ちなみに日本の郵便局も切手などグッズに力を入れていてなかなかに素敵です。   こちらはマリメッコ本店内。 白をベースに色が映えるのは郵便局とも似ています。   印刷とデザインの付加価値性を体現しています。 使うのがもったいなく自社に置いてあります。 ... Read More | Share it now!

世界のパッケージ・梱包・包装

スウェーデン・ストックホルム 乗船場近くの梱包材

北欧の梱包資材(2011年)     ストックホルム(スウェーデン)からヘルシンキ(フィンランド)へ、客船タリンクシリヤラインで移動する際、乗船場に行くまでの通路に梱包資材が展示されていました。 当店でも扱っている「ハンガーボックス」   ダンボール、片段、エアキャップなど。 梱包材が展示されるのは珍しいと思いましたが、船で移動する際の梱包材提案なのでしょう。     片段はよく見ると破れているし、展示ももう少し凝っても良いのでは・・・と見てしまうのは日本人だからでしょうか^^;     ... Read More | Share it now!

最新記事

印刷立ち合いと社内教育

3月から相談いただいているパッケージ案件がいよいよ大詰め。 印刷の立ち合いに行ってきました。 黒ベタのため、通常立ち合いは行っていませんが、クライアントの希望により、久々の立ち合いとなりました。 来週の仕上りが楽しみです。   社内では現在、各スタッフの業務の見直しを行ない、各自の適正は活かしつつ、出来ることを増やしていってもらうよう進めています。   特に若い新スタッフには、固定観念なく多くの業務を経験してほしいところです。 今日は先輩スタッフの写真撮影の様子を見て、撮影のポイントを聞いてもらいました。 各スタッフ同士、チームとしての取り組みも増やして、より面白い発想が出やすい環境を作ります。 このブログもいずれは各スタッフの目線で、記事を書いてもらう予定です。 ... Read More | Share it now!

製作事例・製品紹介(ダンボール)

パネル・額縁用ダンボール 大判平物梱包ならおまかせ

額縁用段ボール

大判平物梱包ならおまかせください 2017年発売製品。 身と蓋をかぶせて梱包する「C式」形状です。 パネルや額縁も梱包に困る浅型形状で、どちらかと言えば少量で梱包材が必要となる性質のものです。 C式は通常、ホチキス留めで仕上げますが、組み立てると空気を運んでいるようなものでかさばります。 その為、チャーター便は別として、宅配便発送をする際には送料の割合が高くなります。   この製品はホチキス留めせず板状のまま納品し、ご使用時にテープや付属の「面ファスナー」で組み立ててもらうことで「省スペース」「コスト削減」を目的としています。 また「サーフボード用」同様、組み立てる際の罫線とは別に、一部に折れ線を入れてコンパクトになるようにしています。 この際は梱包の際に影響がなく、更に配送コスト削減につなげています。 梱包を箱に捉われず、板(シート)での組み合わせでも考えます。 オリジナルサイズでの製作も承ります。 お気軽にご相談ください。 >  パネル・額縁用ダンボールはこちら ... Read More | Share it now!

製作事例・製品紹介(ダンボール)

サイコロ型ダンボール 魅力的な正方形形状

生産者視点だけでは見落とすサイコロ型 2014年発売製品。 それまでは発泡スチロールで3辺200mm角、300mm角、400mm角サイズは販売していました。 ただ、ふと周りを見ると正方形の段ボールがほとんど無いことに気が付きました。   「組立式の小箱」なら割とありますが「A式」で60サイズ以上はほとんど見当たりません。 これには理由があります。 ・正方形の中身を梱包するニーズがそこまで多くない ・材料コストがかかる ・生産時に扱いにくい → 箱を畳んだ時に両面のフラップ(フタ)がぴったり合わさり不要な箇所で折れやすい   たしかに大量に出るわけではないのですが それでも正方形の製品梱包ニーズはありますし、サイコロ型はディスプレイ用途に使われるなど、消費者視点を加えると魅力的な形状です。 社内でも「扱いにくいし、一般的でない。」という声はありましたが、面白い広がりを見せてくれている製品です。 >  正方形ダンボールはこちら ... Read More | Share it now!