ABOUT

会社概要

おかげさまで70周年

つつんで、つつまれて

創業は戦後の復興期である1952年。横須賀米軍基地の払い下げ資材「厚ボール箱」を引き取って、リサイクルした箱を浅草の靴屋に卸していました。

あれから70年。日々、つつんで、つつまれて。たくさんのお客様とお取引先に育てていただき、ここまで成長しました。創意工夫で時代の要請に応えるベンチャー精神は三代目の今も健在です。時代の浮き沈みを乗り越えながら、常にお客様のニーズに応えるべく挑戦し続けています。

73497469_2375753845884572_8095632068545064798_n
74493404_3080065058676687_1709268659009197577_n
75349241_2454490274606884_949684368229269031_n

代表取締役社長

小林 正彦

幸せを届ける全ての人のために

「包む」を創る

パッケージアートの中心にあるのは、関わる人たちへの愛情です。わたくしたちは、お客様、仕入れ先や協力工場、そして社員や地域のコミュニティと繋がり、また支えられています。関わる人の幸せを追求していくことこそが、パッケージアートの使命です。

わたくしたちは、パッケージを総合プロデュースするプロフェッショナルです。全社員一丸となって、「包む」を通した新しい価値創造に取り組みます。気軽に相談できるコンシェルジェとして、高い付加価値を生み出すパートナーとして、お客様の多様な思いに寄り添い、最適なパッケージを作って参ります。

社員ひとりひとりに期待するのは、好奇心を持ち、時代の変化を感じながら、流行に流されない矜持を持つこと。共に新しい資材とパッケージの可能性を広げ、関わる人の幸せを追求して参ります。

アクセス

足立ブランドに認定されています。

パッケージアート株式会社は、これまでの実績と技術力を評価され、2018年に「足立ブランド」に認定されました。足立区のパッケージに関わる事業者でブランド認定を受けているのは当社のみです。足立ブランドホームページは、こちら

足立ブランドとは

「足立ブランド」は、足立区が推進するブランド認定プログラムです。区内産業の優れた製品・技術を認定し、その素晴らしさを全国にPRしネットワークを広げていくことで、区内産業のより一層の発展と足立区のイメージアップを図ることを目的に平成19年度から開始されたものです。

 

メディア掲載

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、Web等のほか、各種メディアで紹介されています。

BACKSTAGE (CBCテレビ製作/TBS系全国28局ネット)」で放送されました。
『酉の市』で熊手を購入!社長たちの2021年の挑戦に密着!(89回放送分)

あだちのモノづくり ~あだちメッセから繋がる企業、モノ、ヒト~」 1/24・25に行われたビジネス商談会「第8回足立区産業展示会 あだちメッセ」。今年も出展者約60社、約2,000人が訪れる盛り上がりを見せました。このあだちメッセに出展した企業の中から、3社に密着!番組では、自社製品の開発の裏側や中小企業の取り組み、経営者の想いに注目。モノづくりの魅力に迫ります!

足立区生涯学習センターミニコミ誌「ピアナビ 2019年1月号」に掲載されました。
FNN プライムニュース イブニング にて取材を受けました。

NHK ニュースウォッチ9 にて取材を受けました。 

おちゃのこネット「ショップインタビュー」に掲載されました。
「あだち若者サポートステーション 職場体験だより」に掲載されました。
ニッポン放送「金曜ブラボー」に電話出演しました。
放送内容等、詳しくはこちらをご覧ください。
「あだち広報」に掲載されました。
「あだち百景」に掲載されました。
「ジョブリハだより」に掲載されました。